カラダだけじゃない エクササイズが頭や心に効く5つの効果

f:id:kitchencleaner:20170710130548j:plain

 

「エクササイズ」と聞くと、私たちはついカラダに関する話のように感じてしまいます。

 

しかしエクササイズには頭や心への効果もあります。

むしろそういったメンタルな面への効果もあわせて理解していたほうが、エクササイズ全体の効果が増大します。

 

ここではエクササイズが頭や心にどのようなメリットをもたらすのか、「Boom Cycle」のヒラリー・ローランドさん(Hilary Rowland)がイギリスの新聞「Metro.co.uk」に語った5つの効果を見ていきましょう。

 

 

頭脳の発達に役立つ

定期的なエクササイズ習慣は、神経発生を促すことが分かっています。

神経発生、すなわち新しい神経細胞の発達に役立つ、ということです。

これは集中力を高め、より速い学習を可能にしてくれるものです。

 

記憶力を高める

エクササイズは記憶力を高めると同時に、老化による(とくに45歳以降の)認知力の低下を防いでくれる効果があります。

これはエクササイズによって、頭脳の「海馬」と呼ばれる部分の劣化を防ぐ化学物質が分泌されるからです。

この海馬は記憶や学習をつかさどる働きをしています。

さらに、エクササイズはこの海馬を大きくする効果があるともいわれています。

つまり、記憶する容量が大きくなる効果があるのです。

 

精神疾患についても一定の効果がある

エクササイズは「エンドルフィン」という物質を分泌する効果があります。

エンドルフィンは、満足感を覚えたときに分泌される物質で、幸福感をもたらす効果があります。

加えて、自信や自己評価を高める効果もあります。

またエクササイズにはうつ症状、心配性、さらにはADHDに対しても良い効果がある、という複数の研究結果も発表されています。

(もちろん実際の精神疾患はエクササイズだけで治療できるものではなく、専門家による治療が必要です)

 

ストレス解消になる

これはよく言われることですが、エクササイズをするとストレスが解消されます。

日常生活でストレスを感じない人はいません。

つまり、誰にとっても役立つポイントだといえるでしょう。

定期的なエクササイズは、「ノルアドレナリン」という脳内物質をより凝縮する、という効果が認められています。

ノルアドレナリンは、頭脳のストレスに対する反応を和らげてくれる働きがあります。

 

創造性が高まる

エクササイズをした後、とくに直後の2時間は創造性が高くなることが分かっています。

多くの調査研究により、ウォーキングは新しいアイデアを生み出すのを助けてくれる、という結果が出ています。

またエクササイズをすると、創造性の求められる問題解決能力が高まることも知られています。

しかしこれらのメリットは、定期的にエクササイズをする人たちだけに見られるものである、という点に注意が必要です。

誰でもエクササイズによってエネルギーを感じることができ、エネルギーのあるときほど生産性の高いパフォーマンスができるのです。

 

 

時にはエクササイズをする気分にならないことがあるでしょう。

そんな時はあえてカラダへのメリットではなく、頭や心にとってのメリットを思い出してみましょう。

少し違ったやる気が出てくるはずです。

 

 

 

metro.co.uk