ダイエットに成功しトレーナーになった女性に学ぶ 「いつも完璧になれるものではない」「達成しやすい目標を立てること」

 

この二人の女性。

とても同じ人には見えません。

 

しかし減量前・減量後で、これほど見た目に違いが出てくるのです。

 

この女性の話から分かるのは、やせると「細くなるから美しくなる」のではなくやせると「自信がつき、それが外見にも表れる結果、キレイになれる」ということです。

 

では一年半かけて減量に成功し、今はパーソナルトレーナーとして活躍する女性の話を見ていきましょう。

 

 

ブレンナさん(34)の体重は最高で113キロでした。

 

当然のことながら、この体重では見た目の問題以前に健康に害があります。

 

定期健康診断で、彼女は高血圧と高コレステロール値の診断を受け、食生活を見直すことを勧められます。

 

「お医者さんにはあなたは肥満ですよ、と無遠慮に言われました。そのとき、私は自分のライフスタイルを変える必要があると認識したんです」

 

「心の底では、私は自分の見た目に満足していなかったし、服を着てもいい気分はしませんでした。そのせいで私はとてもシャイで内向的だったのです」。

 

 

ブレンナさんは食べる量を減らし、家でつくる食事を食べるようにしました。

 

また筋力トレーニングと有酸素運動を週に5回やりました。

 

このいたって普通の「ダイエット+エクササイズ」というスキームがブレンナさんの減量の旅を成功に導くことになったのです。

 

 

ブレンナさんは現在パーソナルトレーナーとして働いています。

 

「食生活をコントロールしエクササイズが日常生活の一部になってから、私はとても活動的になりました。カラダの内側から外向きの人に変われたのです

 

「私は自分のカラダ、体型、そしてその不完全なところを再び好きになることができるようになりました」

 

「体型というのは変わりやすいし、体重も変動するものです。私たちはいつも完璧になることなどできないんです」。

 

ブレンナさんはそのドラマチックな変貌をインスタグラムに投稿しました。

 

 

すると多くのフォロワーから注目されるようになりました。

 

彼女はインスタグラムで減量が成功するようアドバイスをしています。

 

一番難しいのは続けることです。勢いづいてダイエットを始めて1~2週間は続けることができても、本当の効果はそれを超えたあと現れるものなのです」

 

小さな、達成しやす目標を立てることを私はお勧めしています。自分で本当にコントロールできること、例えば「今週は3日間エクササイズすればOK」というような、自分で達成しやすことを決めるのがいいでしょう」

 

「今週中に1キロ落とす、などというのは簡単に達成できる目標ではありません。こういう目標はやめたほうがいいでしょう。このタイプの目標はフラストレーションのもとになり、達成できないとその後のやる気をそいでしまうことになるからです」。

 

「自分のレベルで続ければいいのです。世の中のスタンダードとか周りの人の期待など、気にする必要はありません」。

 

 

f:id:kitchencleaner:20170507141501j:plain

 

 

 

 

kitchencleaner.hatenablog.com

 

www.thesun.co.uk