夏本番 ブラジャーと汗に悩まされるバスト 対策方法はあるの?

f:id:kitchencleaner:20160731153947j:plain

 

汗をかくこと自体はカラダの代謝が活発に行われている証拠ですから、健康的な美しさのために必要なことといえるでしょう。

 

しかし、夏の暑さのせいで止めどもなく流れる汗は本当に困りものです。

 

特に私たち女性の場合、胸元でブラジャーと汗が繰り広げる「バトル」には、悩みが尽きません。

 

完全に克服することはできなくても、少しでも快適に過ごすためにどんな対策があるのか、見て行きましょう。

 

 

【夏用のブラに替える】

これは基本的なことで、多くの女性がすでにやっていると思いますが、あらためて確認してみましょう。

 

ぴったりとバストをカバーするものは避け、通気性の良さに注目して選びましょう。

 

またアンダーを支えるワイヤがついていないものを選ぶのも一つの方法です。

 

バストのトップを低く見せてしまいますが、汗に悩まされるよりはよいかも知れません。

 

f:id:kitchencleaner:20160731154031j:plain

 

 

【ノーブラは避ける】

ノーブラにしたほうがいっそうのこと楽になるように感じるかもしれません。

 

しかし、ブラジャーには汗を吸い取る効果があります。

 

肌にまとわり付いて邪魔に感じるかもしれませんが、ノーブラでいるよりは汗のあとを避けることが出来るのです。

 

 

【パッドは本当に必要?】

バストのアンダーにパッドをつける人もいるでしょう。

 

しかしパッドをブラと肌のあいだにそのまま入れてしまうと、余計に汗を引き起こしてしまいます。

 

よほど汗っかきの人でなければ、パッドがないほうが通気性が保たれ、汗のあとを避けることが出来るでしょう。

 

f:id:kitchencleaner:20160731154129j:plain

 

 

【デオドラントはバストにも使える】

わきの下用のデオドラントは、バストの汗をかきやすい部分にも使えます。

 

面倒でも外出前にひと塗りしておくと、違いがあるでしょう。

 

f:id:kitchencleaner:20160731154149j:plain

 

 

【パウダーも効果あり】

Lushの「Silky Underwear」はデリケートな部分に使える制汗パウダーとして効果が認められています。

 

 

アルガンオイルを塗っておく】

汗をかきやすいところにアルガンオイルを数滴塗っておくと、発汗を抑えてくれることがわかっています。

 

メルヴィータ ビオオイル アルガン オイル 50ml [並行輸入品]

 

 

【ブラのホックをはずしておく】

あえてブラのホックをはずしておくのも一つのやり方です。

 

こうすることで、ブラと肌のあいだに空気の流れるすき間をつくることができます。

 

もちろん動きの激しいときは無理ですので、注意が必要です。

 

   

metro.co.uk