読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わきの下の黒ずみ・・・自宅でできる簡単なお手入れ

f:id:kitchencleaner:20150607163129j:plain

 

梅雨が終わればいよいよ真夏になり、肌の露出が多くなります。

 

女性の場合、わきの下の手入れを最も気にしなければいけない時期です。

 

シェーバーで毎日のお手入れを欠かさない人は多いでしょう。

 

しかしそのために、どうしても剃り跡が残ってしまうという悩みがあります。肌がデリケートなため、ダメージは大きいものです。

 

またふだんは肌同士がくっついた部分であるため、どうしても汗や汚れが沈着してしまい、毛穴をふさぎ、それが黒ずみの原因となる場合もあります。

 

【保湿する】

きわめてシンプルなことですが、保湿されている肌は汚れを沈着させないため、黒ずみを防ぐことができます。

夏でも、一日2回(朝と夜)のモイスチャーを忘れないようにしましょう。脇の下にはとくにアロエ成分が効果的と言われています。

 

   

 

【砂糖を使ったクレンジング】

カップ1杯の砂糖(できれば黒砂糖がより効果的)をオリーブオイル(スプーン3杯)と混ぜます。

お風呂でわきの下を洗った後、砂糖をわきの下に塗り、1~2分おいたらきれいに流してください。

皮膚の死んだ細胞を削り取り、肌が白さを取り戻す効果が期待できます。

週に2回を目安に続けましょう。

 

【レモンを使ったクレンジング】

レモンを厚めにスライスします。

これを黒ずんだ場所に優しくこすり付けます。

レモンにも死んだ細胞を削り取る働きがあるとともに、バクテリアを殺す効能も認められていますので、消毒効果も期待できます。

 

なお、レモンは肌を乾燥させてしまう可能性があります。

レモンをきれいに流した後は、乾燥しないよう普段使っているモイスチャーをつけ保湿するようにしてください。

 

【牛乳と小麦粉によるクレンジング】 

牛乳に小麦粉を2:1の割合で混ぜ、ペースト状にします。

これをわきの下に付け、そのまま15分経ったら水で流します。

肌が柔らかくなり、黒ずみも薄れてくるはずです。

牛乳にはビタミンと脂肪酸が含まれていますが、これらが肌の白さを引き出してくれるものです。

 

 以上、台所にあるものでできる簡単なお手入れです。

薬品を使う方法ではないので、効果が出てくるまで少し時間がかかります。

気長に丁寧に続けてください。

なお、もし肌に合わないようなことがある場合は、すぐにやめましょう。