読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さめのバストを大きく見せたい人が覚えておきたい4つの心得

願わくば、どの女性も自分の体に満足していてほしいものです。

しかし、多くの女性がそうではないのが現実なのです!

もしあなたが自分のバストに満足していなくて、手術・薬品・ホルモン注射のどれも使わずにもっと大きく見せたいと思っているのなら、以下のような方法があります。

 

心得その1:姿勢を改良し、エクササイズをする

f:id:kitchencleaner:20150509194353j:plain

今日の姿勢がバストを大きく見せているかどうか、チェックしてください。

鏡の前に立ってみましょう。

鏡の前に横に立ち、耳たぶから肩、腰、ひざ、そしてくるぶしまで、まっすぐな線が引けるかどうか確認してください。

もしこの直線が引けるのなら、バストはより大きく前向きになっているはずです。

また体全体がスリムに、身長も高く見えるようになります。

 

f:id:kitchencleaner:20150509194416j:plain

 

良い姿勢を維持する練習をしましょう。

バストを大きく見せる方法のなかでも、最もお金がかからず、最も早くできる方法です。

上記の鏡の前でやるポーズを一日に何度かやり、姿勢を正しくしましょう。

筋肉にその姿勢を記憶させることで、疲れずに正しい姿勢を続けることができるようになるのです。

 

f:id:kitchencleaner:20150509194436j:plain

上部の胸筋を鍛えましょう。

同じ胸筋でも、下部を鍛えてしまうとバスとのサイズが小さくなってしまいます。

胸の筋肉を鍛えると、バストに張りと丸みが出てきます。

普通の腕立て伏せはそのための効果的なエクササイズのひとつです。

ゆっくりと15回繰り返してやってみましょう。

 

f:id:kitchencleaner:20150509194522j:plain

お腹に集中したエクササイズをしましょう。

体幹をスリムにしシェイプアップすると、結果的にバストが大きく見えるようになります。

ヨガやピラティスをやってみましょう。カロリーを燃焼すると同時に、体幹を強くすることができます。

(注:体重が減るとバストは小さくなってしまいます。減量ではなく、あくまでウェストをしめることが大事です)

 

   

 

心得その2:ブラを効果的に着用する 

f:id:kitchencleaner:20150509194546j:plain

まずは正しいサイズのブラを見分けましょう。

残念なことに、ほとんどの女性はサイズの合っていないブラを着用しています。

ブラのサイズを正しく測ったことがないのが理由でしょう。

バストの下からカップ全体をぴったり包みこみ、かつ簡単に立ち上がってまっすぐ立つことができるようなものが、正しいサイズのブラです。 

またデパートに行って女性下着専門のフィッティングをするのも良いでしょう。

(デパートの下着売り場で働く女性たちは専門家たちですから、心配ありません)

 

f:id:kitchencleaner:20150509194622j:plain

正しいサイズが分かったら、バストが最大限に持ち上げられ、かつ心地よくいられる着け方をチェックしてください。

正面を向いて、ホックが背中になるようにし、肩紐を腕の上にかけます。

前に屈み、バスト全体が下に垂れるようにし、ブラがバストをカバーするように着けます。

前に屈んだまま、腕を後ろに回しホックを着けます。

必要に応じて肩紐を直してください。

 

f:id:kitchencleaner:20150509194649j:plain

バストを最大限に活かしてくれるブラを着けましょう。

さまざまな種類のブラがあります。どんなブラが最も効果があるかを知るために、いろいろ試してみようにしましょう。

特に「プッシュアップ・ブラ」などは、バストを大きく見せたい女性におすすめです。

 

DVDでマスターする 即効バストUP 美乳骨気

 

 

心得その3:バストを強調してくれるデザインの服を着る

f:id:kitchencleaner:20150509194718j:plain

レース、フリル、宝石類、ひだが付いていたり、ねじったデザインなどがネックラインにあると、バストを強調してくれます。

胸の回りを引き立ててくれるため、バストも大きく見えるのです。

フリルはあまり大きすぎないよう気をつけてください。フリルが大きずぎるとそちらが目立ってしまい、逆効果になりがちです。

 

Vネックはバストのサイズが小さく見えてしまうデザインです。

どちらかと言うと胸が大きく開いていないデザインのほうが、バストは大きく見えます。

またタイトにフィットする服もやめたほうがよいでしょう。

当然のことながら、タイトな服はボディラインをはっきり浮き立たせてしまいます。

ゆったりと余裕のあるトップスのほうが、小さめのバストから注意をそらすことができます。

 

f:id:kitchencleaner:20150509194758j:plain

柄と色合いを上手に使えば、カラダ全体の印象を変えることも可能です。

一般的に薄い色はものを大きく見せる効果があります。逆に濃い色は細く見せる効果があるのです。

上半身には、柄物・明るい色・薄い色のものを身に付けるようにしましょう。逆に下半身には濃い色のものを着て、全体をきれいなバランスにしましょう。

色の濃いパンツに横縞のボーダーシャツを着ると、ヒップを小さめに見せることができます。その結果、バストが大きく見えるという効果があります。このときも、トップは薄い色にしましょう。

 

f:id:kitchencleaner:20150509194825j:plain

最終手段として、バストの影ができて欲しいところに、少し暗めのファンデーションを付け、谷間を強調する、と言うやり方もあります。

しかしこれは日常ではあまりおすすめできません。

ファンデーションがにじんでしまうと、おかしく見えてしまうからです。

特別な機会で写真に写る場合は、試してみても良いでしょう。しかし、慎重に行ってください。あなたが胸の谷間に色をつけていることに気づかれるようなことがあったら、居心地が悪いでしょうから。

 

心得その4:自分自身を尊重する

f:id:kitchencleaner:20150509194852j:plain

自分自身の体を受け入れましょう。

小さいバストはあなたにとって悩みの種かも知れません。

しかし、世の中すべての人が大きなバストを好んでいるわけではないのです。

実際、「男性はバストの大きい女性が好きだ」というのは誇張に過ぎません。

それぞれ好みがあるのです。

しかも小さなバストは、長期的見れば長持ちするものです。

年齢を経るにしたがって、重力はバストの小さな女性に優しくなります。

大きなバストの女性よりも、胸のたるみができないのです。

健康であるならば、そのまま自分の体を愛してあげてください。

 

出典:

www.wikihow.com