読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコレート中毒かも知れない・・・? 「マインドフルネス」方法で克服も可能

 

f:id:kitchencleaner:20170319235046j:plain

 

チョコレートを食べ始めると止まらない、毎日食べてしまう、という人はきっと多いと思います。

 

今まで発表されてきた研究では、チョコレートを食べるときに人が感じる「もっと欲しい」という欲求は、ドラッグを服用したときと同じである、ということが判明しています。

こう聞くと恐ろしくなるものです。

 

しかしチョコレートとは少し距離を保ちたいと思っている人たちにとって、希望を感じられる研究結果がオーストラリアの大学によって発表されました。

いわゆる「マインドフルネス」方法を行うことで、チョコレートへの欲求を抑えることができる、というものです。

 

ここでは私たちが食べ物を欲しがるプロセスを2段階に分けて考えています。

第一段階では、食べ物が私たちの注意力を引き付けます。

そして第二段階になると、私たちはその食べ物に意識が集中し、食べたいと感じ始めます。

 

研究者たちはこの二つの段階の両方でマインドフルネスが役に立つかどうか、調べることにしました。

 

実験の参加者たちはランダムに分けられ、第一、第二段階にそれぞれ以下のマインドフルネス・テクニックを試しました。

 

一つは、食べ物に対する欲求の第一段階、つまり食べ物が私たちの注意力を引き付けた段階で、意識を食べ物からそらし、食べるという行動を起こさないようにする方法。

 

もう一つは、食べ物に対する欲求の第二段階、つまり食べ物に意識が集中してしまい、食べたいと感じてしまった場合に適用する方法です。

第二段階になると人は食感やにおい、味などを感じ始めるようになります。

その感覚をほかのイメージと置き換えるように自分に言い聞かせます。

ほかのイメージとは、たとえば静かな森の中とか人のいない海岸などでもいいでしょう。

こういったイメージと頭の中を満たし始めているチョコレートのイメージとを交換してしまうのです。

 

研究者たちは調査対象者たちにインタビューし、これらの方法を実践したあとにチョコレートのイメージがどれほど強いか、食欲の強さはどれくらいか、そして実際に食べてしまった量はどれくらいだったか、などを調べ上げました。

 

その結果、第一段階の方法(食べ物が私たちの注意力を引き付けたところで、意識を食べ物からそらす方法)を実践した参加者のほうが、頭からチョコレートのイメージを離し、食欲を弱めることに成功していました。

 

この調査結果を取りまとめた研究者たちは、やはり最初にイメージが浮かんだ時点でそれを離しておいたほうが、セルフコントロールが上手くいく、と結論付けています。

 

チョコレートに限らず「中毒気味」なものがあったら、その欲求はつぼみの時点でつんでおくことが、距離を置くために効果的であるといえるようです。

 

 

 

www.independent.co.uk