「バーピー」というハードなエクササイズを毎日50回×30日間続けた女性

 

 

f:id:kitchencleaner:20171018014452j:plain

 

「バーピー」というエクササイズを知っていますか?

英語ですがこの動画で分かると思います。

 

 

 

このバーピーというエクササイズを毎日50回(10回×5セット)30日間続けた、という女性がいます。

彼女がこの経験から発見したバーピーについてのポイントをご紹介します。

 

【始めるのが一番大変】

バーピーは楽なエクササイズではありません。毎日50回は本当に大変でした。しかし今振り返ってみると、実際にバーピーをやっていた時間よりも、「大変だ」「明日も筋肉痛だ」と考えていた時間のほうがはるかに長かったことに気づきます。今日は暑い、今日は疲れが残っている、今日は時間が取れそうにない・・・と、言い訳はいくつも浮かんできましたが、最初の1セット10回が終わったときには、すでに今日の50回が終わったも同然でした。

 

【勢いが大事】

これはバーピーをやる体の勢いのことではありません。何かを毎日休まずに続けるには、ある種の勢いが必要です。私の場合、このエクササイズプランを始めようと決めてから最初の50回をやるまで3日間先送りにしてしまいました。しかしいったん始めると、毎日々々少しずつやるのが難しくなくなってきます。そして1週間たったころには、もう止まらないという気がしてきました。しかしいっしょにこのプランに取り組んでいた私の友人は、あることがきっかけで1日休んだところ、その後11日間サボってしまったのです。

 

【バーピーは最も効率のいいエクササイズ】

バーピーは体の筋肉の隅々まで効果を及ぼします。また心拍数を高めてくれるため、有酸素運動としての効果も高いのです。このエクササイズを始めてから、最初の1週間は筋肉痛で大変でした。その後は筋肉痛はおさまりましたが、最終日の30日目でも全身に汗をかきました。最低限のスペースさえあれば、特に道具などなくてもできるとても効率のいい運動なのです。

 

【フォームを意識するのが大事】

決して自分のバーピーのフォームが完璧だとは思っていません。しかし、以下の2点に注意しながらやると、より効果的でしょう。

①脚を後ろに引いてプランク(腕立て)になるときに、腕に力を入れすぎない

②脚を胸元に引き寄せスクワットをして立ち上がるときに、腹筋を意識する。腰を痛めず、また全体の動きをよりパワフルにできる

 

【50回は意外と時間がかからない】

50回と聞くとだいぶ長い時間がかかりそうに感じます。しかし実際は大した時間ではありません。私の場合、慣れてからは平均8分間で50回を終わらせることが出来ました。私のメニューは「10回×5セット」で、1セットごとに軽い休憩を入れていましたが、その休憩も1分以内で終わらせ、すぐ次のセットを始めることが出来ました。

 

【仲間で毎日動画をシェア】

私はこのプランを始めるにあたって、数人の仲間とグループをつくりました。メンバーはみんなインスタグラムのアカウントを持っているので、各自が毎日のセッションを撮影し、それを投稿することにしたのです。みんながこれをやるので、自分もやらないわけにいかなくなります。ときどき「今日はちょっとやる気がしないかな」という日もありました。でも仲間の目がインスタグラムを通して私を見ているので、そう簡単にはサボれなかったのです。

 

 

 

www.popsugar.com